【git】新規作成したブランチをgithubリポジトリへ反映する

gitのローカルリポジトリで作成したブランチをリモートとして紐づいたgithubリポジトリへ作成、反映する手順。

環境:git version 2.17.2、Mac OS 10.13.6


ローカルリポジトリ(開発環境PC側)で新規ブランチを作成する

1. ブランチ作成コマンドを実行
git branch example(新規ブランチ名)

2. 作成したブランチを確認する
(既存のリポジトリ一覧を表示)
git branch

3. ブランチの作成をリモート(githubリポジトリ)へプッシュする
git push origin example

以下のように表示されたらプッシュに成功です。

githubを確認する
githubからブランチ一覧「Branch」から作成したブランチ名が存在している事を確認する。


新規ブランチのコミットをリモートへプッシュする

新規作成したブランチ内で行なった作業コミットを、先ほど作成した同名リモートブランチへプッシュしたい場合。

新規作成したブランチ(example)内でファイルに変更を加える。

git add(変更ファイルのパス)

git commit -m “コミットメッセージ”

git push origin example
(ブランチ名、exampleを指定してプッシュする)


※異なるリモートブランチへプッシュする場合

以下のコマンド実行する
git push origin example(ローカルブランチ):master(リモートブランチ)

プッシュする他のリモートブランチを:(コロン)で繋ぎます。

※コンフリクトに注意

Follow me!