LAMP環境構築マニュアル ④ PHP7.4 インストール編

サーバーへPHPをセットアップ

前回までの内容で、ApacheとMySQLのセットアップが完了出来たので
今回は開発言語のPHP(7.4)をサーバーにセットアップしていきます。

環境: 「Conoha VPS」メモリ 512MB/CPU 1Coreプラン、CentOS 7.6.1810 (Core)、PHP 7.4.2

LAMPとは… 以下の要素の頭文字で構成するサーバー環境のこと

  • Linux
  • Apache
  • MySQL
  • PHP (今ここ)

SSHクライアントからサーバー接続して下記の手順を実行していきます。

PHP7.4をインストール

今回は本記事時点で最新のPHP7系のバージョンをインストールしていきますが、
CentOS7がPHPをインストールするために参照する※リポジトリが旧バージョンのPHPまでしか扱っていないため、
バージョン7系をインストールする場合はそちらに対応したパッケージをCentOSのリポジトリに事前に追加してやる必要があります。

※ yumコマンドでインストールするパッケージ情報を格納している場所のこと

5系など、古いバージョンのPHPをインストールしてしまった場合、
以下のコマンドでアンインストールが出来ます。

Remiリポジトリを追加する

CentOSをはじめRedHat系Linuxへ最新のPHPを提供するためのRemiというリポジトリをインストールし、追加します。

1. Remiリポジトリの公式サイトへアクセス
「Maintained Enterprise Linux (RHEL / CentOS / Other clones)」の箇所を探し、rpmパッケージのリンクURLをコピーします。

2. 下記リンクを右クリック(またはcontrol)しアドレスをコピーする

3. コピーしたURLを指定してインストールコマンドを実行

Remiリポジトリを使用するための依存パッケージなど諸々インストールされます。
インストール完了後、
/etc/yum.repos.d ディレクトリを参照すると標準のリポジトリに加えてPHP7系をインストールするためのリポジトリが追加されていることが確認出来ます。

インストールするバージョンの有効化

リポジトリへ追加確認出来たものから、最も新しいバージョン7.4系のPHPをインストールしていきたいので
それに対応するファイル「remi-php74.repo」の中身を編集します。

vi インサートモードに切り替えて、[remi-php74]の箇所のenabledの値を0から1に変更します。

ファイルの編集が完了したら、PHPのインストールを行っていきます。

PHPのインストール

1. インストール

2. インストール完了後バージョンを確認

有効にしたPHPのバージョンが確認出来ればOK

3. Webサイトを動かすために必要なライブラリをインストール

Webサイト、アプリを動作させるために必要となる以下のパッケージもPHP本体と合わせてインストールします。
(WordPressを動かすために必要なものも含まれます)

  • php-mbstring(日本語を扱えるようにする)
  • php-gd (画像を扱えるようにする)
  • php-mysql (MySQLとの連携を実現する)
  • php-pdo (PHPのPDOクラスを使用する)

以下のコマンドでまとめてインストール


前回からここまでの内容でLAMP環境に必要な要素が揃ったので、
次回はアプリケーションを実際にサーバーへ配置して動作確認を行なっていきます。

関連記事

Follow me!

LAMP環境構築マニュアル ④ PHP7.4 インストール編” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。