ApacheのVirtual HostでPHPを有効化する

Mac内臓のApacheでPHPの開発環境を構築する

Mac内臓のWebサーバー、Apacheによる仮想環境(Virtual Host)でPHPを実行する手順をメモします。

ApacheでVirtual Hostを構築する手順の基本と詳細は以前の記事にまとめていますので、
本記事と合わせてご覧ください。

環境 : Mac OS High Sierra 10.13.12、PHP 7.1.7、Apache/2.4.28

PHPのバージョン確認をする(Mac)

Apache HTTP Server 同様、MacにはPHPがあらかじめインストールされています。
念のため、バージョン確認をしておきます。
ターミナルから、

php -v でOK

検証用に.phpファイルを作成する

検証用に.phpファイルを作成し、内容にphpのバージョン情報等をブラウザへ返すphpinfo()という命令を記述します。

index.php

Virtual Hostのドキュメントルートにしているディレクトリへファイルを配置します。

/Users/(ユーザ名)/Sites/apache-test/index.php

apacheの設定ファイルでPHPの実行を許可

httpd.confを編集する

viを使用して管理者権限でファイルを編集する。

以下の行を検索して先頭の#を外して有効化する。
(/phpで検索可)

apacheを再起動して設定を反映させる。

ブラウザから検証ファイルへアクセス。
以下の内容が表示されればPHPの有効化OK!

 

htmlファイルに埋め込んだPHPを実行する設定

index.html

htmlファイルに直接PHPの記述を埋め込んだ場合、
先述の設定だけではプログラムを実行出来ません。

/etc/apache2/httpd.conf へもう一つ設定を加えます。

Vi INSERTモードに切り替え、ファイルの最終行へ以下の記述を追加します。

AddType application/x-httpd-php .html

先述と同様apacheを再起動して設定を反映させ、
ブラウザから検証用ドキュメントルートに配置した.htmlファイルへアクセスして表示を確認します。

(htmlからPHPが実行出来ている)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください