Base 64とは

Base64とはデータのエンコード(変換)方式のひとつである。

64は64進数(64種類の英数字)を意味する。

※バイナリデータをテキストデータにエンコードする。

エンコード後のファイルサイズは元のサイズの4/3倍と大きくなるため、
サイズの大きなファイルの転送には不向きである。

※データ形式がテキスト以外のもの、画像や音声データなどを指す。

電子メールでの使用

電子メールで画像や音声データなどを添付する際、
MIME (Multipurpose Internet Mail Extension) という規格により
それらが※電子メールで扱える文字列に変換され送受信が可能となる。
変換にはBase64が用いられる。

※SMTPプロトコル(電子メールの通信)は
通常ASCIIと呼ばれる7bitのデータしか扱えない。

Basic認証での使用

HTTPで実装されている認証方式であるBasic認証では
ブラウザでユーザ名とパスワードをBase64でエンコードし、
Authorizationヘッダへ付加し、webサーバへ送信する。

ユーザ名・パスワードはハッシュ値化(暗号化)されないので盗聴や改ざんの危険がある。

Data URIスキームでの使用

Data URIスキームを使用して画像ファイルを埋め込む場合にBase64でエンコードする。
 
Data URIスキームはHTMLドキュメントやCSSに外部リソースを埋め込み、
ブラウザ / Webサーバ間の通信回数を減らす事が出来る仕組みである。

Follow me!

Base 64とは” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください