【Spring Boot】コントローラーでリクエストをハンドリングする

@Controllerアノテーションで
コントローラーとして役割を持たせたクラスファイルでリクエストをハンドリングする。

クラスメソッドに、リクエストを受け付けるアノテーション@RequestMappingを使用する。
アノテーションに続くカッコにリクエストのパスを指定する。

メソッドはString型で定義し、
表示(または遷移)させたい画面のテンプレートファイル名を文字列としてreturnする。

index.htmlの場合、return “index”


リクエストがGET送信かつハンドリングするメソッドが一つしかない場合の記述

アプリケーション起動後、http://localhost:8080/にアクセス

@RequestMappingでルートパスを指定している。

マッピングの記述を、
@RequestMapping(value=”/”,method=RequestMethod.GET)
または、
@GetMapping
のようにリクエストの種類GETを明示的に記述しても同じようにマッピングできる。


異なるリクエストURLをハンドリングする

ひとつのコントローラ内で異なるリクエストを受け付ける。

※リクエストURLが/(ルート)の場合と/otherの場合それぞれ呼び出すページを変更している。


リクエストの種類がGETかPOSTかによってハンドリングするメソッドを変える

クラスの先頭(@Controllerアノテーションの下)に
@RequestMappingアノテーションとURLのパスを記述し、
どのメソッドも共通のリクエストURLをハンドリング出来るようにする。

リクエストの種類によって呼び出すメソッドを切り替える。

リクエストの種類がGETの場合
@RequestMapping(method=RequestMethod.GET)
リクエストの種類がPOSTの場合
@RequestMapping(method=RequestMethod.POST)

※送信されてくるリクエストパラーメーターを@RequestParamで受け取る事が出来る。

GETは@GetMapping
POSTは@PostMapping

でハンドリングすることも出来る。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください