【Docker入門 】① Docker image取得とコンテナの基本操作

Docker image取得とコンテナの基本操作

Dockerを使用したローカル開発環境の構築方法を解説していきます。
Mac OSでの解説ですが、Windowsの場合でも操作方法は基本的に同じです。

環境: Mac 10.13.6、 Docker version 19.03.5

Docker Desktopのインストール

まずはDocker DesktopというアプリをPCにインストールします。

Docker Desktopのインストール、セットアップが完了したら、
ターミナルからdockerコマンドが使用出来るようになっているはずです。

dockerバージョン確認コマンド

基本的なdockerコマンド

docker pull イメージ名:タグ名Docker imageを取得する
docker images保有しているDocker imageの一覧を表示する
docker runDocker imageからコンテナを作成する
docker exec -it コンテナ名 bash起動中のコンテナへログインする
docker ps起動中のコンテナ一覧を表示する
docker ps -a(起動していないものも含め)コンテナ一覧を表示する
docker stop コンテナ名起動しているコンテナを停止する
docker start コンテナ名コンテナを起動する
docker rm コンテナ名停止中のコンテナを削除する
docker cp ファイルパス コンテナ名 : ディレクトリパスホスト側に存在するファイルをコンテナへコピーする

Docker imageを取得してコンテナを作成・起動する

Docker imageはdocker hubという公式サイトからdocker pullコマンドを使ってダウンロードします。

Docker imageとは…
PC上に立ち上げる仮想環境(サーバ等)の元となるファイルのこと
コンテナ(container)とは…
Docker imageから作成した仮想環境の実体のこと
(ひとつのDocker imageから複数のコンテナを作成することができる)

CentOSのDocker imageを取得する

docker hubのこちらのページよりCentOSのDocker imageを取得する事が出来ます。

ページの右側の列から、docker pullコマンドを簡単にコピー出来るようになっています。

「Tags」のタブをクリックし、下へスクロールすると過去のバージョンが選択出来るようになります。

CentOS 7を選択

docker pullコマンドで指定するイメージ名の後ろを:コロンで区切りバージョンを指定します。(タグという)

:latestを明示すると※最新版がインストール出来るようです。
※指定なしが最新でない場合もあるようですので要注意

(ダウンロード完了後)
docker imagesコマンドを実行して保有しているDocker imageの一覧を表示して確認する。

コンテナの作成

取得したCentOS7のDocker imageからコンテナを作成して起動します。

1. Apacheを停止しておく
Mac内臓のwebサーバーApacheが起動している場合は停止します。
(docker runコマンドで指定するポートのオプションで競合してしまう為)

2. docker run コマンドを実行して、コンテナの作成と起動を行う

「イメージ:タグ」 の形式でDokcer imageを指定します。
→ 「centos:centos7」

docker runコマンドの各オプションについて
name オプション
作成するコンテナに任意の名前を付ける
-p オプション
「 -p (ホストのポート番号):(作成するコンテナのポート番号)」

コンテナにwebサーバーを構築する際に必要となります。
自PCへの80番ポート(httpリクエスト)アクセスをコンテナ内部の80番ポートへ転送出来るようになります。

-d オプション
オプションコンテナをバックグラウンド(detchモード)で実行する
(コンテナをサーバとして実行する場合はこちらを推奨)
privileged オプション, /sbin/init の指定
CentOS 7のsystemctlコマンドを使用する為に必要となります。

docker psコマンドで作成したコンテナが起動している事を確認する

起動中のコンテナ一覧に表示されない場合

docker run実行時の何らかのエラーで起動は出来なかったが、
コンテナ自体の作成はされている場合があります。
その場合、
docker ps -aコマンドで作成されている事を確認し、
docker startコマンドでもう一度起動する事が出来ます。

コンテナへログインする

docker execコマンドで起動中のコンテナへログインします。
-itオプションとコマンドを受け付ける/bin/bashの記述は必須です。
(/bin/bash → bashでも可)

プロンプトが以下のように切り替わればコンテナへログイン完了です。


次回はwebサーバーを構築したコンテナ側とホスト側でディレクトリの共有を行う方法を解説します。

Follow me!

【Docker入門 】① Docker image取得とコンテナの基本操作” に対して1件のコメントがあります。

この投稿はコメントできません。