【Illustrator】フォントのアウトライン化

Illustratorで指定したフォントが、
環境によって意図せず他の種類のフォントに置き換わってしまうことがある。
文字情報からパス(図形)へ変更するアウトライン化の方法についてメモします。

注意点

アウトライン化によってパスに変換された文字は再び文字情報として復活させることが出来ないので
アウトライン化を行う前に別名保存もしくは他のレイヤーに複製しておく事をお勧めします。

※後からフォントの種類や文字内容を変更することが出来ません。

 

アウトライン化の方法

アウトライン化したい文字を選択する。

ウィンドウ上部メニュー「書式」から「アウトラインを作成」

パスに変換された。

 


アウトライン化しきれていない文字が残っていないかを調べる

ウィンドウ上部メニュー「書式」から「フォント検索」

「ドキュメントフォント」にフォントとして存在する数が表示される
(1つのフォントがアウトライン化されずに残っていない状態)

検索されたフォントが白い枠でハイライトされる。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください