Vagrant & VirtualBoxでCentOS7の仮想マシンを作成する

VagrantでCentOS7の仮想マシンを作成する

Vagrant & VirtualBoxを利用して、CentOS7の仮想マシンを構築する手順をメモ。

VagrantとVirtualBoxを使用したローカル開発環境の基本的な構築手順は下記の記事でも詳しく解説しています。

VagrantとVirtualBoxで仮想環境を構築する① 準備編
VagrantとVirtualBoxで仮想環境を構築する② 初期化&起動編

CentOS7のBOXを入手する

仮想マシンを作成するためのCentOS7の専用イメージをVagrant公式サイトよりダウンロードします。

Vagrant Cloudサイト、CentOS7のboxページより

ページに表示されている内容が少し分かりづらかったのですが、”centos/7″ の部分を抜粋して、
vagrant box add コマンドで実行すればOKです。

vagrant box add centos/7

(virtualboxを利用しているので、3を選択)

追加したBOXを確認する方法

vagrant box list コマンドを実行
(centos/7 の追加に成功している)

または、ホーム配下の不可視ディレクトリ.vagrant.d/boxes内を参照する

仮想マシンを初期化して起動する

追加したBOXから仮想マシンを起動するためのディレクトリを別途作成します。
(LAMP環境にしたいのでcentos7_lampというディレクトリ名にしている)

作成したディレクトリへ移動して、
コマンド vagrant init でマシンの初期化を行います。

vagrant init centos/7

ディレクトリ内にVagrantfileという設定ファイルが作成されます。

設定ファイルのあるディレクトリのまま、コマンド vagrant up を実行し、初期化した仮想マシンを起動します。

Vagrantに関するその他の操作は以前までの記事を参考にしてください。

VagrantとVirtualBoxで仮想環境を構築する② 初期化&起動編

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください