【Photoshop バッチ処理】複数の画像データに同じ処理をする

複数の画像ファイルに一括で同じ処理を行えるPhotoshopのバッチ処理機能について記します。

今回はファイルの大きさを半分にしてさらに白黒に加工する処理を例にしています。

・ウインドウからアクションパレットを開く。

・右下のアイコンから新規アクションを作成をクリック。(右から二番目、削除アイコンの隣)

・ダイアログが開く。

・アクション名を入力する。今回は「800白黒」とする。
記録ボタンをクリックすると記録が開始する。(赤い印が点灯する)

・ファイルから画像を開く。

・アクションが記録されている事が確認できる。

・続けてアクションを記録。
イメージから画像解像度を選択し幅を800pxにする。
(今回は1600pxの画像ファイルを半分の大きさにする)

・イメージから色調補正 白黒を選択する。

・別名で保存をする。

・■の停止マークをクリックしてアクションの記録を止める。

※アクションの記録中誤操作をしてしまった場合や手順を飛ばしてしまった場合でも
停止してから削除アイコンで項目をリセットし、もうちど記録開始ボタンをクリックすればやり直しが出来る。

・ファイルメニュー、自動処理からバッチを選択する。

【実行の欄】 アクションの項目に先ほど記録したアクション名(800白黒)が設定されている事を確認する。
【ソースの欄】記録したアクションを適用したい画像ファイルの入ったフォルダごと選択する。
開く コマンドを無視にチェックを入れる。
【実行後の欄】でバッチ処理後ファイルの保存先のフォルダを指定する。
別名で保存コマンドを省略にチェックを入れる。


(上記ダイアログの状態でOK)

※注意点
※このあたりは紛らわしくてハマった点です。
バッチ処理の際にチェックする※二つの項目にチェックが入っていないと、処理が正しく行われません。

OKをクリックすると画像ファイルに対して順番に処理が実行される。

アクションに記録した内容が全てのファイルに一括で適応されている。

行いたい処理の内容によってそれぞれアクションを記録しますが、
ファイルを開く、保存するの記録は必須のようです。

Follow me!

【Photoshop バッチ処理】複数の画像データに同じ処理をする” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください