【Photoshop】ドロップパレットを使った一括処理

以前の記事【Photoshop バッチ処理】複数の画像データに同じ処理をするで複数の画像ファイルに同じ処理をまとめて行うバッチ処理について記しましたが、今回はそれと似たドロップパレットという一括処理機能をご紹介します。

バッチ処理について書いた以前の記事と合わせてご覧いだければ幸いです。

バッチ処理では、あらかじめ記録しておいた一連の動作をワンクリックで実現出来るPhotoshopのアクション機能を利用して複数のファイルに一度に行えるものでしたが、ドロップパレットはそのバッチ処理の機能を一つのアプリケーションのように独立させてPhotoshopの外部から利用出来るようにしたものです。

今回は前回の記事で作成した「画像を800pxにリサイズして白黒の色調補正を行う」アクションをそのまま流用してご紹介します。

ドロップパレットを作成する

まずはPhotoshopを開く。

今回はすでに存在するアクションを元にドロップパレットを作成するので、画像ファイル自体は開きません。

ファイルから自動処理、ドロップパレットを作成を選ぶ。
ファイルメニューから自動処理、ドロップパレットを作成を選択する様子
ドロップパレット作成画面
バッチ処理を行う際の手順と良く似ています。

ドロップパレット作成画面

「ドロップパレットを保存」項目をクリックする。
ダイアログが開きます。

名前にアクションと同じ名前「800白黒」をつけて保存します。
※「.app」という拡張子はそのままにしておかないと正しくドロップパレットが作成されません。
ドロップパレットに名前をつけて保存する様子

バッチ処理の時と同様に実行後のファイルを保存するフォルダの場所を指定する必要があります。

ドロップパレット作成画面の画像

同じくバッチ処理の時と同様に、以下の二点も忘れないようにチェックをします。

・開くコマンドを無視にチェックを入れる
・別名で保存コマンドを省略にチェックを入れる

ドロップパレットのアイコンが作成されている。(今回はわかりやすくデスクトップに作成)

ここまで出来ると準備完了です。

それではアクションの動作を適用したいファイルをまとめて作成したアイコンへドラッグアンドドロップします。


(こんな感じで確実に行いましょう)

上手く成功すれば変換後のファイルが指定したフォルダへ保存されています。

 

ドロップパレットは自分で登録したアクションを単体のアプリのようにいつでも再利用することが出来て便利です。

 

※本記事執筆時ではドロップパレットを利用するためにあらかじめPhotoshopを起動しておく必要がありました。

 

今回は既存のアクションを例にご紹介したので割愛しましたが、アクションが上手く作成出来た画像処理作業の段階でドロップパレットとして作成していつでも使えるようにしておくのも良いと思います。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください