【Photoshop】シェイプレイヤーの色を変更する

四角形ツールや楕円系ツールでベクター画像のシェイプレイヤーを作成する際(もしくは作成後)に、塗りと線の色を変える方法を記します。

Photoshopの超初歩的な操作ですが、忘れてしまうと中々出来なかったりするのでメモします。


シェイプ作成時に色を決める

作成したい図形に合わせたシェイプツールを選択する。
(今回は楕円形ツールを選択)

シェイプツールを選択する

画面をダブルクリックして作成する図形の大きさをダイアログに入力する。
今回は500pxの正円を作成する。

初期設定では塗りが白、線が黒の正円のシェイプレイヤーが作成される。

 


塗りと線の色を変更する

シェイプツールが選択された状態のまま、画面上部のシェイプの設定から塗りと線の色をクリックしてそれぞれ変更する。
今回は塗りを赤、線を無し に設定している。(線の大きさとスタイルも設定することができる)

シェイプが赤色に変わった。

 


後から塗りの色だけ変更する

レイヤーサムネールをダブルクリックする。

カラーピッカーから色を選択し直す。

 


後から塗りと線の両方を変更する

既に他のツールに切り替えてしまっていた場合、シェイプを選択ツール(キーボードショートカット V)で選択し直す。

シェイプが選択された状態で再びシェイプツールをクリックする。

 

画面上部にシェイプの設定項目が再表示され、塗りと線を変更できる。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください