【PotgreSQL】psqlコマンドのパスを通す

PostgreSQLを操作するpsqlコマンド。
ターミナルから実行するためのパスを通す方法をメモします。


パスが通っていないとき。

psqlコマンドを実行すると
-bash: psql: command not found
と表示される。

ホームディレクトリの.bash_profileにpsqlのパスを追記する。
(.bash_profileが無い場合は作成する)

ターミナルのテキストエディタviで開く。

キーボードのIでINSERTモードに切り替えて、
カーソルで一番下に移動。


パスを通す記述

/Users/(ユーザ名)/Applications/bin
にある場合、

(.bash_profileが無い場合は作成する)

escキーでINSERTモードを終了。
「:wq」で保存してviエディタも閉じる。

sourceコマンドで.bash_profileの修正を反映させる。
(もしくはターミナルを再起動)


パスが通り、ターミナルからpsqlコマンド が実行可能になりました。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください