metaタグでリダイレクト先を指定する

headタグ内でmetaタグを使用して別ページへのリダイレクト指定を行う方法をメモ。

http-equiv属性でrefleshを指定する。
リダイレクト(別ページへ遷移)するまでの秒数とリダイレクト先のURLを記述する。

記述の方法

<meta http-equiv=”refresh” content=”何秒後に; url=こちらのページへ“>

 
誤った記述

NG
 
<meta http-equiv=”refresh” content=”何秒後に” url=”こちらのページへ“>
※リダイレクト出来ない

contentとurlを分けて記述しない。
content属性のダブルクォートの中にリダイレクト先のURLを含める形で記述する。

表示してから3秒後にyahooのトップページへ移動する。

– HTML –

こちらをクリックして確認出来ます

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください